WN801V2-BKにAndroid x86をインストール

Link

WN801V2-BKにAndroid x86をインストールする手順をまとめていきます(編集中)

参考URL(1) WindowsタブレットにAndroidを入れる基本的な考え方がまとまっている
http://www.lifehacker.jp/2014/01/140129windows_8android.html

参考URL(2) LiveUSBの作成方法が参考になる
http://onoono-life.blogspot.jp/2014/06/eeepc-901-x-android-x86-44-rc2.html

参考URL(3) 32bit UEFI boot の対処方法が参考になる
http://solidstatelife.blogspot.jp/2015/05/asus-x205taubuntu1404lts.html

参考URL(4) Grub ブート時の追加設定部(quiet 前の nomodeset)が参考になる
http://kapper1224.sblo.jp/article/175930950.html

自分のアタマで考えよう(ちきりん著) を読んで

人気ブロガーのちきりんさんの『自分のアタマで考えよう』を読みました。

・「知識」と「思考」は別物である
・「知識」はバイアスがかかって「思考」の妨げになることがしばしばあるため、切り離して考えるべき
・日頃から「思考する」時間を作ることが大切
(例) グラフ作成に1時間かかったら、その考察にも同じくらいの時間をかけ、データから分析できることを「思考する」

「思考する」時間を増やしていくことが成果、アウトプットを出せることに繋がるな、と感じました。

Ext2Fsd 起動(スプラッシュ)画面の消し方

Windows10 で Ext2Fsd を利用しようとした際に起動(スプラッシュ)画面が消えずに最前面に残り続けるという状態に遭遇してしまいました。起動時に /quiet オプションを付与して「Ext2Mgr.exe /quiet」とすることで解決できました。

Fxt2Fsd/Documents/FAQ.txt より引用

Q) I don’t like Ext2Mgr showing the splash screen
A) Add a parameter “/quiet” in command when executing Ext2Mgr, like
“Ext2Mgr /quiet” or “”Ext2Mgr -quiet””

MousePro-P101ATG-AH に Genymotion を入れて動かすのに苦労した点

Android エミュレーター Genymotion インストールの記事はネット上に溢れているため、苦労した点を少しまとめておきます。

(1) Genymotion 2.5.3 の VirtualBox 付パッケージを使ったが、うまくターゲットが起動できずエラー頻発
→ 同梱されている VirtualBox 4.x 系だと、Windows10 との相性が良くないそうなので、VirtualBox 5.0.3 で動作させた

(2) adb も Genymotion 内蔵の adb だとうまく起動できなかった
→ Android SDK をインストールし、SDK の adb を指定した

(3) Android 5.1 はかなり重かった、Android 4.4 は Google Play ストアを入れる際にエラーが出た
Android 4.3 が安定していたため、結果こちらを使うようになった

(4) CPUとメモリの設定は次のようにした
CPU:2[コア]、メモリ:768[MB]、メモリは余りさえあればもう少し割り当てたい

(5) ディスプレイ OFF 後、しばらくしてからまた利用しようとすると「player.exe は動作が停止しました」エラーが出ることがある
→ イベントビューアでは libGLES_CM_translator.DLL が悪い、といっているようだが、回避策はまだ見つかっていない、また、しばらく時間が経つと強制終了になっていなくても時刻がずれているようだ

Andy も試してみたが、Windows10 だと互換性のないソフトとして扱われてインストールすらできなかったため、Genymotion で安定動作させる方向の方が良いかと思っています。

MousePro-P101ATG-AH のタッチパッド操作改善

ふるさと納税でいただいた MousePro-P101ATG-AH はキーボード付 10.1 型タブレットです。
http://www.mouse-jp.co.jp/business/mpro-p/p101a/

こちらのキーボードにはタッチパッドが付いているのですが、なぜか Ctrl や Shift ボタンを押した直後にタッチパッド操作しようとすると 1 秒程度無反応の状態になってしまいます。タッチパッドとキーボードの無反応状態は普通なのかと Web を調べましたが、あまりそういった情報は出ていない様子。

この状態だと、ブラウザによる「タブで開く」操作にあたる Ctrl + クリックに支障が出るため、Chrome プラグイン「Gestures for Google Chrome」のマウス操作 [FlipBack] (右クリック→左クリック) を リンクをバックグラウンドで開く 設定にしました。これでタッチパッドで新しいタブで開く操作が少し改善されました。

また、本タッチパッドはホイール操作もできないため、Wheel Ball というソフトをインストールしました。右クリックと左クリック同時押し中にマウスカーソルを動かすことでホイール相当の操作ができるようになりました。たまに Wheel Ball が強制終了してしまうことがありますが、これでタッチパッドを使った操作が一歩快適になりました。

http://kamigaki.la.coocan.jp/wheelball.htm

ふるさと納税の確定申告をしました(2014年度分)

2014年12月に初めてふるさと納税をやってみました。2015年3月までに2014年度分の確定申告が必要だったので、

・国税庁の確定申告書作成コーナーにて確定申告書を作成、プリントアウト
→ 郵送

という手順で確定申告をしました。
ふるさと納税だけの確定申告において、参考にしたページです。

ふるさとチョイス
http://www.furusato-tax.jp/kakutei_shinkoku.html

実際に記入内容の確認で迷う項目もありましたが、1時間程度で郵送できる状態になりました。

一番困惑したのが、「還付金」の金額でした。
寄付額 – 自己負担額 2000円 が「還付金」かと思いきや、それよりか遥かに下回る額だったので、正しい申請ができていなかったのかと思い、調べてみました。
結果は、以下のページに答えが書いてありました。

http://diamond.jp/articles/-/50135 より

本年(2014年1月1日~12月31日まで)に「ふるさと納税」をしたのであれば、翌年(2015年)に「確定申告」を行う必要がある。そして、きちん と「確定申告」をすれば、「所得税」分は2014年に支払った税金に対して行われるので控除金額分の還付金がもらえ、「住民税」分は2016年に支払う税 金に対して行われるので税金が安くなる。

翌年の住民税の控除額となるわけですね。一安心でした。

PS3のコントローラーが暴走したので直しました

PS3のコントローラーが暴走したので直しました。具体的な症状は、

・どのボタンでも押すだけで上下左右 ○☓△□がいろいろ連続入力される
・触ってなくとも勝手に入力された状態になる

といったものです。最初は無線LANとBluetoothが干渉しているのかと思いましたが、調べてみると基板とフレキの間の緩衝材がヘタると同じ症状になるみたいです。

以下の対処法を参考に、ダンボールの切り抜きを両面テープで貼り付けて無事に修理できました。修理時間は慣れてなかったこともあって30分くらい。みなさんも同様の症状になった場合には参考にしてください。

PS3のリモコンが暴走するようになってしまった際の治し方
http://blog.kamata-net.com/archives/004208.html

だらだらぶろg DaDaDa! 移転完了しました

はてなダイアリーから本ページに移転しました。今後ともよろしくお願い致します。

はてなダイアリーから heroku + WordPress の構成に移すにあたってのメモを以下に残しておきます。

→ノウハウをもとに、ダイアリーのエクスポートデータ(MovableType形式) を以下の sed コマンドを実施することで日時が 1970年 表記にならずにインポートできるようになった

sed -e 's/\(DATE:.*\)00\(:[0-9][0-9]:[0-9][0-9] [AP]M\)/\101\2/g' (export).txt > (export)_editTime.txt

Android開発時のant debugで「libz.so.1: no version information available」エラー(未解決)

CUIにてAndroidアプリのビルド時、以下のワーニングが発生。

/android-sdk-linux/platform-tools/aapt: /lib/libz.so.1: no version information available (required by /Android/android-sdk-linux/platform-tools/aapt)

調べてみたところ、以下のことがわかりました。

  • Android SDK 10 のころからこのワーニングが発生するようになったらしい
  • 現在使われているlibz.so.1.2.3をlibz.so.1.2.5にすればワーニングがなくなるらしい

ということで、libz.so.1.2.5 にして試してみました。

wget http://zlib.net/zlib-1.2.5.tar.gz

tar -xzf zlib-1.2.5.tar.gz

cd zlib-1.2.5

./configure

sudo make

sudo cp -a libz.so.1.2.5 /lib/libz.so.1.2.5

sudo rm -f libz.so

sudo rm -f libz.so.1

sudo ln -s libz.so.1.2.5 libz.so

sudo ln -s libz.so.1.2.5 libz.so.1

すると、ワーニングは消えてスッキリ、と思いきや、次回再起動時のログイン直後にGNOMEが起動しなくなりました。

パネルをbonobo-activationサーバに登録する際にエラーが発生しました。

エラーコード: 3

これを回避する情報を見つけられなかったため、libz.so.1.2.5 を libz.so.1.2.3 に戻しました。幸いなことに ssh は有効でしたので、リモートから libz.so のリンクの貼りなおし。

sudo rm -f libz.so

sudo rm -f libz.so.1

sudo ln -s libz.so.1.2.3 libz.so

sudo ln -s libz.so.1.2.3 libz.so.1

Androidビルド時のワーニングはまだ解決できていない状況ですので、別のアプローチを探してみたいと思います。

mediatomb(DLNAサーバー)のインストールでmysqlエラー(解決)

の記事を参考にDLNAサーバーの導入を行おうとしていましたが、どうもサービスが起動せず、Webブラウザからmediatombの画面を拝むことができなかったので、その解決法をメモしておきます。

ログを見てみる(cat /var/log/mediatomb)

2011-09-10 17:27:57 ERROR: The connection to the MySQL database has failed:

mysql_error (2002): “Can’t connect to local MySQL server through socket ‘/var/lib/mysql/mysql.sock’ (2)”

どうやら mysql とのソケット通信用のファイルパスが決め打ちであったため、正しく起動していなかったようです。

vi /etc/mediatomb/config.xml にて

<socket>/mnt/your_setting/mysql.sock</socket>

</mysql>

と <mysql> タグ内に <socket> 設定を自分の環境にあわせることで正しくサービスが動作することを確認できました。