[本]チェンジ・ザ・ルール!

エリヤフ・ゴールドラット著『ザ・ゴール』『ザ・ゴール2』に続く第三作目。システムを導入することは必要だが、それを活かすにはルールを変化させることが重要という話。

私は『ザ・ゴール』を読んだことがなかったので知らなかったのですが、このシリーズではストーリー形式(フィクション)でテクニカルな内容を扱っています。著者の伝えたいメッセージがストーリー形式でちゃんとわかるか心配だったのですが、読み終わった後はその心配は必要なかったなと思いました。

  • コンピュータシステムを用いると、どのような限界が取り除かれるのか?
  • これまでの限界に対応していた古いルールとは何か?
  • ルールの変化に合わせて、コンピュータシステムにどのような変化が求められるのか?
チェンジ・ザ・ルール!

チェンジ・ザ・ルール!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>