XOOPS Cube を文字コード EUC でなく、 UTF-8 で動かす

XOOPS の Package_Legacy_2_1_6 を UTF-8 対応でインストールした際のメモ。

  1. XOOPS Cube日本サイト(http://jp.xoops.org/)からパッケージをダウンロード
     今すぐダウンロード >>
     XOOPS Cube Legacy 2.1.6
    あたりからダウンロードする。
  2. ファイルを解凍すると以下の3つのフォルダができる
    1. html・・・htmlフォルダの中身をWebに公開する場所にコピー(public_htmlやpublic_html/xoopsなど)
    2. extras・・・extras/extra_languages/ja_utf8/html/ フォルダを上記htmlフォルダと同じ場所に上書きコピー
    3. docs・・・とくに使わない(無視)
  3. ブラウザ経由でpublic_htmlなどに公開されている場所にアクセスし、最初のインストール時の言語選択画面で「japanese」でなく、「ja_utf8」を選択して次へを選択(ここで躓いていた)
  4. あとは親切なXOOPSインストール方法マニュアルサイト通りに進めればOK
    XOOPS Cubeインストール – XOOPS入門 がオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>