スペシャルエディションっていわれるだけでもう

私はiPod nanoにKOSS社のSpark Plugを使用しています。ちなみに常にiPodを持ち歩いている知り合いが「他のを聴いてもSpark Plugに戻ってしまう」という、妙な中毒感をアピールしていたから試してみようと思って、最近はこれで電車内を過ごしています。ちなみにSpark Plugは低価格でナイスなイヤホンとして、wikiで編集されてたりします。

こちら(wiki@nothing)

ちなみにこのSpark Plug、USA製なのですが、ヨドバシカメラでサクっと購入できるカナル型イヤホンということで、Spark Plugの前身である「The Plug」のスポンジ部分を取り外して音質と装着性アップが流行していたりもしたようです。しかも実売価格2000円とインイヤー型にしては本当に安価です。そこら辺はさいたまAudioさんが詳しく解説しています。

私はもともとiPod純正の付属イヤホンで聴いていたクチなのですが、音漏れが若干気になるのとPodcastなど「人の喋っている声」が聴き取りにくいという2点が大きかったです。Spark Plugに代えてからは低音の出力にびっくり仰天でしたが、すぐに慣れてしまいました。しかし、使い続けて慣れなかったのが一つ。ゴムスポンジが耳に入れにくいことです。どれくらい入れにくいかというと、電車1駅分くらい入れる作業に没頭するくらいですw

私の場合は左耳が小さいので、そっちが非常に苦戦します。そこで改造という言葉が浮かびましたが、ちょっと手間がかかるのが面倒だということで、Spark Plug専用に独自のイヤーチップを販売している三協特殊無線さんにお世話になりました。商品名は「KOSS SPARK PLUG ST-COM SPECIAL EDITION Ⅱ」です。

商品説明(三協特殊無線株式会社)

つい先日、こいつだけを求めて秋葉原のショップへ直接行きました。すごく気さくなおばさんが切り盛りしていて、商品を渡す際に「最初は硬いかもしれないからね」とわざわざ注意点までご指摘いただきました。装着感は非常に良く、ものの数秒でピシっと耳にはまります。しばらくはゆっくりとこのKOSS SPARK PLUG ST-COM SPECIAL EDITION Ⅱ(長っ)で電車内を過ごしたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする