JRがストップしすぎな件

今週はJR京浜東北線が2回、南武線が1回止まった。うち一回は川崎の人身事故の影響で、横浜駅の改札では東海道線は運転見合わせ、横須賀線は通常ダイヤと放送していた。

そんな横須賀線に人が殺到し、ホームは一気に溢れた。ホームが混みすぎて次に来た電車に乗った人が降りられない状態になった。そこで取った駅員たちの行動に驚いた。なんとドアを閉めて発車させようとしたのだ。え?人が降りてないのに乗るわけにもいかないし、閉めて発車しても意味がないだろという感じなのだが、駅員は無理やりドアを閉めていた。

どんだけアホなのか。発車しても意味がないから、まずホームを入場規制しろと抗議している乗客の方がはるかに正常な判断だ。それでも閉めようとする駅員に、他の乗客は駅員頭をポカっと殴っていた。

さらに言えば、通常ダイヤと放送している横須賀線に人が集まることはわかっているはずなのに、何も対応されていない。JRは路線が多いせいなのか、電車がが止まりすぎ、対応悪すぎな印象しかもてない。今に始まったことではないが。

駅すぱあとの路線検索で「JRを極力利用しない」という設定項目があって、これはユーザーの声をしっかり反映した結果なのだなと妙な納得感をもってしまった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする