Android開発時のant debugで「libz.so.1: no version information available」エラー(未解決)

CUIにてAndroidアプリのビルド時、以下のワーニングが発生。

/android-sdk-linux/platform-tools/aapt: /lib/libz.so.1: no version information available (required by /Android/android-sdk-linux/platform-tools/aapt)

調べてみたところ、以下のことがわかりました。

  • Android SDK 10 のころからこのワーニングが発生するようになったらしい
  • 現在使われているlibz.so.1.2.3をlibz.so.1.2.5にすればワーニングがなくなるらしい

ということで、libz.so.1.2.5 にして試してみました。

wget http://zlib.net/zlib-1.2.5.tar.gz

tar -xzf zlib-1.2.5.tar.gz

cd zlib-1.2.5

./configure

sudo make

sudo cp -a libz.so.1.2.5 /lib/libz.so.1.2.5

sudo rm -f libz.so

sudo rm -f libz.so.1

sudo ln -s libz.so.1.2.5 libz.so

sudo ln -s libz.so.1.2.5 libz.so.1

すると、ワーニングは消えてスッキリ、と思いきや、次回再起動時のログイン直後にGNOMEが起動しなくなりました。

パネルをbonobo-activationサーバに登録する際にエラーが発生しました。

エラーコード: 3

これを回避する情報を見つけられなかったため、libz.so.1.2.5 を libz.so.1.2.3 に戻しました。幸いなことに ssh は有効でしたので、リモートから libz.so のリンクの貼りなおし。

sudo rm -f libz.so

sudo rm -f libz.so.1

sudo ln -s libz.so.1.2.3 libz.so

sudo ln -s libz.so.1.2.3 libz.so.1

Androidビルド時のワーニングはまだ解決できていない状況ですので、別のアプローチを探してみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする