MousePro-P101ATG-AH に Genymotion を入れて動かすのに苦労した点

Android エミュレーター Genymotion インストールの記事はネット上に溢れているため、苦労した点を少しまとめておきます。

(1) Genymotion 2.5.3 の VirtualBox 付パッケージを使ったが、うまくターゲットが起動できずエラー頻発
→ 同梱されている VirtualBox 4.x 系だと、Windows10 との相性が良くないそうなので、VirtualBox 5.0.3 で動作させた

(2) adb も Genymotion 内蔵の adb だとうまく起動できなかった
→ Android SDK をインストールし、SDK の adb を指定した

(3) Android 5.1 はかなり重かった、Android 4.4 は Google Play ストアを入れる際にエラーが出た
Android 4.3 が安定していたため、結果こちらを使うようになった

(4) CPUとメモリの設定は次のようにした
CPU:2[コア]、メモリ:768[MB]、メモリは余りさえあればもう少し割り当てたい

(5) ディスプレイ OFF 後、しばらくしてからまた利用しようとすると「player.exe は動作が停止しました」エラーが出ることがある
→ イベントビューアでは libGLES_CM_translator.DLL が悪い、といっているようだが、回避策はまだ見つかっていない、また、しばらく時間が経つと強制終了になっていなくても時刻がずれているようだ

Andy も試してみたが、Windows10 だと互換性のないソフトとして扱われてインストールすらできなかったため、Genymotion で安定動作させる方向の方が良いかと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする