XOOPS Cube を文字コード EUC でなく、 UTF-8 で動かす

XOOPS の Package_Legacy_2_1_6 を UTF-8 対応でインストールした際のメモ。

  1. XOOPS Cube日本サイト(http://jp.xoops.org/)からパッケージをダウンロード
     今すぐダウンロード >>
     XOOPS Cube Legacy 2.1.6
    あたりからダウンロードする。
  2. ファイルを解凍すると以下の3つのフォルダができる
    1. html・・・htmlフォルダの中身をWebに公開する場所にコピー(public_htmlやpublic_html/xoopsなど)
    2. extras・・・extras/extra_languages/ja_utf8/html/ フォルダを上記htmlフォルダと同じ場所に上書きコピー
    3. docs・・・とくに使わない(無視)
  3. ブラウザ経由でpublic_htmlなどに公開されている場所にアクセスし、最初のインストール時の言語選択画面で「japanese」でなく、「ja_utf8」を選択して次へを選択(ここで躓いていた)
  4. あとは親切なXOOPSインストール方法マニュアルサイト通りに進めればOK
    XOOPS Cubeインストール – XOOPS入門 がオススメ

mixiの日記をローカルHDDに保存したい

mixiの日記をバックアップしておきたいと思い、backup_mixiを試してみました。

backup_mixiの概要について引用します。

mixiの各データを、手元のハードディスク等に保存するツールです。特徴は以下の通り。

メッセージ(受信、送信、下書き、ごみ箱)を一括保存します。

日記も一括保存します。

日記にアップロードした画像や、メッセージ中の顔写真も保存します。

html形式で目次を作ります。

2回目以降は追加分だけを取得するので高速です。

日記をはてなダイアリー形式に変換できます。対応した各種ブログに移行できます。

configファイルにメールアドレスを記入しておき、DOS画面でパスワードを入力するだけで簡単にHTMLファイルでバックアップできました。自分の場合は10分程度で取り込みが終了しました。mixiの日記は容量制限があったりで、気持ち落ち着かない面もあるので、ちょこちょこバックアップしておくと安心できそうです。

Becky!のメールデータをからGmailへインポート

以下のBlogにて、Becky!のメールをGmailに移行する方法が掲載されていました。Gmailに統一して検索やラベル貼りなどをやりたい場合はお試しください。

1. Gmailにて、IMAPによる接続を許可する

2. Becky!にて、GmailへIMAP経由で接続する

3. Becky!上で、Gmailのメールボックスへドラッグアンドドロップ

Gmail表示上の日時はBecky!→Gmailに移動したときの日付になっていますが、ヘッダー情報としてはちゃんと日付が合っています。つまり、プレビューでは正しい日付でなく、メールを開くと正しい日付情報になるようですね。IMAPでのメール移動は時間がかなりかかりますが、思ったより簡単にできました。

使いやすい年賀状ソフト探し

無料の年賀状作成ソフトをざっと探して使ってみました。
年賀状作成のフリーソフトはエクセルに保存してある住所録から宛名印刷を連続して行える、というものは多くあったのですが、裏面をデザインするという観点では無料のものを見つけるのはなかなか大変でした。

調べた中でのオススメは以下の3つです。

はがき作家 5 Professionalの無料お試し版年賀状ソフト。裏面印刷時に「体験版」の文字が入るが、宛名書き用途は郵便番号検索ができたりと宛名印刷に限ればフリー版で文句なしの性能です。

Adobe Air を使った無料年賀状ソフト。無料素材もあり、FLASHインストールが必要だが、裏面作成のテンプレートや差出人編集ができます。市販年賀状に遜色ないレベルの作成ができます。操作はとにかく直感的で、レイアウト変更も単純にドラッグすればよいだけの簡単操作。素材の数が非常に少ないのが難点ですが、イメージの取り込みもきちんとできるので、フリーウェアとして裏面の作成をするならばこのソフトが一番オススメです。

こちらは日本郵便発の Adobe Air を使った無料年賀状ソフト。FLASHインストールが必要。プリントマジックよりも素材数がとても多いですが、テキスト入力時やアイコン選択時に現在の入力・選択モードを合わせないとレイアウト移動ができないため、実際の直感的な操作性という意味ではプリントマジックのほうが一枚上でした。さらに、年賀状デザインキットは起動時にオンライン(インターネットに接続された状態)でないと年賀状入力画面にすらさせてもらえないのが難点でした。フォントやアイコン、テンプレート集が非常に綺麗なだけにユーザビリティ面で少々もったいないかなと感じました。

※Adobe Air は、Windows 2000以降からの対応なので注意してください。

PC起動時にマイドキュメントが開いてしまう問題の対処

いつのころからかWindows XP起動時にマイドキュメントが勝手に開いてしまう現象が発生するように。プログラムからスタートアップを見ても、msconfigでスタートアップを見てもマイドキュメントっぽい項目が見あたらないので調べてみると、意外と同じ悩みの方がいらっしゃるようで。

◇対処方法

レジストリエディタ([スタート] – [ファイル名を指定して実行] – [“regedit”と入力])で

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Win!dows NT\CurrentVersion\Winlogon

Userinit の値が

C:\WINDOWS\system32\userinit.exe,

に直すとOKみたいです。

ちなみに自分はこんな値でした。

C:\WINDOWS\system32\userinit.exe,userinit.exe

PCを再起動して、無事にマイドキュメントが開かないことを確認。いやー胸のつっかえが取れました。

ニコニコ動画を見るだけでキャッシュを保存してくれるソフト

NicoCacheは、HDD内にニコニコ動画専用のキャッシュフォルダを用意し、読み込んだ動画を保存してくれるようです。長い動画などは次の日にもう半分見ようって思ったときに再度全部読み込む必要があったので、重宝するかもしれません。見た動画は自動的にFLVで保存されているので、W-ZERO3に転送して入れるのも楽になるかもしれませんね。早速導入してみます。


2007.9.30 22:00 追記

Sleipnirでプロクシ設定を通してNicoCacheを利用してみました。無事に24分のFLV動画がダウンロードできました。アドエスで再生しようと思いましたが、正常に再生できませんでした。確か、FLV形式の内容がニコニコとYouTubeで違うという話があるみたいなので、ちょっと調べてみます。これからはアドエスに無線LAN経由で動画を入れて通勤中に見てみようと思います。ただ、localhost:8080のプロクシ経由だと何故だかmixiへのアクセスができなくなっちゃいました。原因は不明ですが、ニコニコ動画を見るときだけNicoCacheを起動するようにしてみる運用で回避ようと思います。


2007.9.30 22:40 追記

やはり、ニコニコ動画のFLVファイルはTCPMPのFLVプラグインでは再生できないようです。アドエス向けに一発変換する方法として、スクリプトを書かれた方がいらっしゃったので、使用させていただきました。

以前までは、PSPにニコニコ動画を入れよう!(ふぉーみゅらわん&PSP裏情報)で紹介されてる方法で、ちょっと改造した携帯動画変換君を使って変換していましたが、マウスでいちいち操作するのが面倒になったので、自分で変換スクリプト書きました。

内部的にはffmpegを使っているので携帯動画変換君と同じですが、アドエス向けに設定を固定しているため、スクリプトを実行するだけですぐに変換されます。

ダウンロードしたFFmpegのバージョンは、むぅもぉさんの所で推奨されている「FFmpeg Revision 9017」だと正常に動作しました。もっと新しいFFmpeg Revision 10461だと、エラーでちゃんと動きませんでしたのでご注意を(mp3の音楽ファイルが生成されるのみ)。

さらに、ニコニコ動画のNicoCache以外にもいろいろなダウンロード方法があるようです。

1:ニコニコ動画をPC上で保存する

動画保存方法は様々ありますが、ここでは3つ紹介します。

・ニコニコ専用ブラウザを使う

動画の保存も出来る ニコニコ動画(RC)専用ブラウザ – nicoTool

シリーズ物の動画を続けて見たいなどのヘビーユーザーにオススメ

・firefoxのプラグインを使う

TAGIRI ツールバー ダウンロード

・IEのプラグインを使う

ニコニコ動画(RC)のダウンロードに特化したIEメニュー拡張型ダウンローダ nicotoolLite

リンク先の下の方にあります。ライトユーザーはコチラの方が使いやすいかも。

私は、nicoToolを試してみましたが、無事に検索→FLVダウンロードまでちゃんとできました。これを先ほどのFFmpegスクリプトに通せばアドエスで再生できる動画環境が実現できました。

ちなみにFFmpegスクリプトを通してFLVファイルをエンコードすると、20分ほどのFLVファイルサイズが38MBだったのに大して、生成されたMP4ファイルサイズは53MB程度になっていました。動画によってサイズが異なるとは思いますが、サイズがちょっと大きくなるようですね。

Visual Studio 2008 ベータ版

Visual Studio 2008 Beta2 が2007年9月3日ごろにリリースされています。「Visual Studio Team System 2008 Beta 2 Team Suite 日本語版」は3.7GBくらいありましたが、ダウンロードしてDVDに焼いてインストールしてみました。Windows Mobile 5.0の開発もできるようです。少しトライしてみようと思います。

ホームページが軽くなりました

私のWikiページ(だらだらぶろg DaDaDa!Wiki)は、前からものすごくレスポンスが悪かったのですが、ようやく犯人を見つけました。それが、Wikiの logparanoiaプラグイン で使われていた、gethostbyaddr関数 です。

この関数はIPアドレスからホスト名の取得を行うものですが、ホスト名の取得を行わないようにしたら今までとは打って変わって軽くなりました。スペックや回線速度の問題なのかと思っていたのですが、これですっきりしました(^-^)