京ぽんについて今日ほんとに考えてみた

京ぽんとはもうとっくに機種変更ができるほどの長い付き合いになった。よりサクサクを求めたカスタマイズ、ブックマークレット、QVGAを活かしたゲーム、l’agenda BE-500との接続(CS64CF)、sigmarion2との接続(変換ケーブル)など試して遊んだ。思えば片手に収まっていたフルブラウズ環境は様々な場面で活躍した。それが次機種たちでは当たり前のことのようにズババババババーッ!と享受できてしまう。「ケータイに勝てる」、feel H”時代から心望んでいたものが実現しそうだ。勝つ負けるという問題でない気もすすが、そういうように昔からインプットされている気がするからそんな問題なのだ。

京ぽんが売れた要素はたくさんあった。DDIポケットのプランと機種の性能が合致したこと、京ぽんという愛称が何だかたまらない、など今までPHSに関わりなかった人を振り向かせることができるまでにいたった。他の要素として選択肢が実質1つであったことが挙げられる。ある程度詳しいユーザーならばJ3003SやSA3001Vを選ぶかもしれないが、初めてウィルコムを使用するユーザーは大半が京ぽんである。私の周りにも初めてウィルコムを契約した人が結構いる。知人たちの持っている機種はほとんど京ぽんであり、総じて同じことを言う。

「この機種反応遅いんだけど」

…この声にもう京セラ開発陣もうんざりといったところであろうか。いよいよ次機種ではもっさり感に悩まなくて良さそうだ。しかし、WX3xx系が発表され、その機種の多彩さ・各性能のアンバランスさに悩んだ。その中でさらにW-ZERO3の発表となり、混乱は混沌へ。今後ユーザーは悩みつつも思い思いの機種にするだろう。この時期に京ぽん2だけ発売したらどんな流れになったのだろうか。機種が多いということは1機種に注力するよりも開発者側の考えもしない使い方の研究が進みにくいということ。かつての音声ファイルを着信に使うこと(着声)であったり、JavaScriptをブックマークレットとして利用するという革新的なレベルまで達するであろうか。できないことをできるようにする、何でもできる新機種はワクワクさせるものになるだろうか。かつて一つの目標にみんなが進んでいった南極観測船 宗谷のような機種、それこそが京ぽんの栄光を手にした姿であったのではないかとしみじみと感慨に耽ってしまう私。ちょっと大げさすぎる気もしましたが、今日はそんなところで。明日はいよいよWPC EXPO2005に向かいたいと思います。

W-ZERO3の波がとまらない

W-ZERO3のWPC EXPO2005レポートが続々と掲載されています。

私も土曜に見に行ければいいかなと日経BP無料登録は済ませました。

IEの動作の重さが心配です。スタイルシート対応に変更されるそうです。

ASCII24のレビュー記事が多すぎてうれしい限りです。

キーボードへのこだわりが感じられる記事など、

従来のケータイと差別化を図れる部分に注力しているのは期待が持てます。

【WPC EXPO 2005 Vol.0】注目の『W-ZERO3』はココをチェック!!

【特別企画】モバイル新世紀! ウィルコムに聞くW-ZERO3の魅力

■ WPC EXPO2005レポート関連

W-ZERO3応援団 結成!

WILLCOM & microsoft & SHARP」のスマートフォンが12月上旬に発売します。単純にPDAとケータイが一つで済むメリットは大きいですね。重さが220gあるのは実際手に持ってみないとわかりませんが、京ぽん2からかなり揺らいでいます。無線LANで朝にデータを入れておけば「通話定額 +128kbps(4x)の10万パケットまで」でしたら月額税込3950円で済むので使いようが大切かと。

これに先駆けて伊藤さんがWILLCOM W-ZERO3応援ロゴを作成されたようです。自分も貼ってみようかと。

京ぽんとケータイ考

ついに機種変しました。京セラの新機種、AH-K3001Vです。最大の特徴はOperaブラウザの搭載です。つまり、パソコン上のHPもケータイで見ることができます。ケータイならではの情報量を取られるコンテンツがありますが、そういったしがらみなく、より豊富な情報量(パソコン)のHPを無料で見ることができるのです。つなぎ放題なんで、メールもWebも使い放題で4000円台で済みます。

ケータイ会社がこういったブラウザを内蔵できない理由に、
「ケータイ向けの有料コンテンツを提供している会社が商売あがったりになってしまう」
といった問題があります。よってケータイ会社は技術的にはブラウザを実装できても、パソコン用サイトを見ることの出来るFOMAなどを投入することは自分たちの首を絞めることになります。今回、エッジはその改善できない点をうまく狙い、今回の機種AH-K3001Vを投入することが出来ました。現に1週間弱で2万台と、最近のPHSではありえなかった勢いで売れています。

TU-KAの「骨伝導スピーカー」やauのデザインケータイ「INFOBAR」、Vodafoneの「テレビ視聴」などは他のケータイ会社にもすぐに真似の出来てしまうアイデアです。実際、写メールを普及させたJ-PHONEでしたが、普及した1年以上先にようやく実装したDoCoMoの写真機能付きケータイは瞬く間にJ-PHONEの主力であった写メールのシェアを奪っていきました。その会社独自の真似の出来ない機能。そういった点で今回の端末は新鮮さがあり、今後の状況に期待させてくれるものであると思います。

DDIポケットからフルブラウザOpera搭載の機種発売

京セラからすごいのがでました。AH-K3001Vです!どうすごいかというと相当です。なんてったってブラウザがOpera。つまり、パソコンのページをケータイで見ることができるのですから。ケータイのcHTML(i-mode)ページと比べて情報量が違います。あとは普及するのを期待するのみ!

AH-K3001Vまとめページ(memn0ckさんのサイト)

長井秀和 間違いナイ!ボタン

押してみればまあ間違いないでしょう。気をつけろっ!

芸人同士又はコンビ間のちょっといい話

こういうのを見ると裏をかかれたというか、実は良い奴じゃんみたいなのがあって感心しちゃいます。

ユニークな駅名 – かじる程度に。

ラジェンダ購入記

新年に上記の機種を秋葉原でPDAを初購入した。2001年10月20日に発売されたカシオのPDA、CASSIOPEIA l’agenda BE-500だ。カシオショップにて1万円を切る値段で購入したが、7800で売っていたという若松通商では既に品切れ。一週間前には積まれていただけにちょっと損した気分になった。

リナザウかsigmarionかl’agendaか迷ったが、資産のなさにあえなくこれとなった。値段だけにあまり期待していなかったが、軽快な操作とサイズの小ささ、軽さに驚いた。昔のモデルでも結構楽しめそうだ。当たり前のことなんだろうけど、PDAは起動が早い。

折角だからその昔運営していたHPにメモという形で掲載することにする。Tips的なものとソフトへのリンクを自分になりにまとめておくだけでも役に立つだろう。

→ [ だらだらとl’agenda BE-500 ]